電話業界の新サービス|IPフォンが断然お得

困った時こそ頼りになる

コピー機

手間をかけずに早期解決

オフィスで利用する機会の多い事務機器の中でも頻度が高いのがコピー機です。社内向けの資料から商談資料まで幅広い用途で用いられています。そのコピー機はオフィス向けで使用する場合、リース契約で導入されるのが一般的です。購入よりも初期費用を抑える事が出来る他、定期的に新しいモデルに切り替えられ、毎月の費用もある程度、一定金額の経費として読む事が出来るなどの理由から多くのオフィスでリース契約が結ばれています。この様にリースでコピー機を活用する魅力は様々ありますが、その中でも最大のメリットと言えるのが修理やメンテナンスの手間が掛からないと言う点です。コピー機のリースは商習慣として、保守契約も一緒に結ばれるのが一般的です。その保守契約の中にはコピー機本体のリース代に加えて、故障時の修理費用やメンテナンス費用までが含まれています。オフィスで利用するコピー機は数人がかりで運ばなければ移動させる事すら難しい程、大きくて重量が重くなっています。その為、メーカー側も持ち込み修理は基本的に行っておらず、出張修理で対応するケースが多いのが実情です。都度、一からメーカーに依頼を掛けるのは手間ですし、何よりも時間が掛かります。印刷出来ない時間が長引く事でビジネスチャンスを逃したり、商談が上手くいかなくなると可能性も多いにあり得ます。また、どんなに優れたメーカーの商品であっても、紙と粉を使用している事から湿度などが原因で不具合が生じる可能性は拭い切れません。その様なコピー機にとって、リース契約で保守までしっかりとカバーされていると言うのはユーザー側としては非常に大きなメリットであると言えるでしょう。